フランスで使えるおすすめeSIMやSIMカードとは?現地SIM事情から解説

フランスで使えるおすすめeSIMやSIMカードとは?現地SIM事情から解説

フランスに旅行や出張に行く際、インターネットの利用は欠かせません。フランスはパリを中心にフリーWi-Fiを利用できますが、SIMカードやeSIM、Wi-Fiレンタルなどを用意すればネット環境に不自由することはないでしょう。

本記事ではフランスのインターネット事情や、おすすめのeSIM販売サイト「eSIM Mart」について解説します。

フランスで日本のスマホを使う方法

フランスで日本のスマホを使う方法

フランスで日本のスマホを使う場合、主に次の方法があります。

  • 国際ローミングや携帯レンタル
  • Wi-Fiレンタル
  • フランスSIMカードの利用
  • eSIMの利用

それぞれに特徴があるため、よく確認して自分に合うものを選びましょう。

国際ローミングや携帯レンタル

国際ローミングとは、海外にスマホを持参し、現地の通信事業者のネットワークを利用してデータ通信を行う仕組みです。契約しているキャリアが他国の事業者と交わしている契約(ローミング)により、海外でもインターネットを利用できます。

国際ローミングは自分のスマホが海外でもそのまま利用できるため便利ですが、かつては高額請求が来るというトラブルが問題となりました。

現在、日本のキャリア各社では、ローミング用の定額料金プランが提供されています。例えば、auであれば160以上の国・地域で1日490円(早割キャンペーン適用時)の定額料金でインターネットを利用できます。国際ローミングを利用する際は、契約しているキャリアがどのようなプランを設定しているかを事前に調べ、利用日数も含めて検討するとよいでしょう。

携帯レンタルは、携帯電話をレンタルして利用する方法です。レンタル会社がキャリアと法人契約し、一般に貸し出すというシステムです。

1日あたりのレンタル料金が設定され、利用した通話料を合わせて支払います。短期間の旅行・出張におすすめです。

Wi-Fiレンタル

Wi-Fiレンタルは、無線につなぐWi-Fiルーターをレンタルしてインターネットに接続するサービスのことです。ルーターを受け取れば、簡単な設定をするだけですぐにインターネットを利用できます。

1台のルーターで複数の端末につなげられるため、「スマホだけでなくパソコンやタブレットをつなぎたい」「家族や友人の分もまとめてインターネットに接続したい」というときに便利です。

ルーターは宅配や店舗で受け取れるほか、空港のカウンターでの受け取り・返却ができるサービスもあります。

Wi-Fiレンタルは多くの会社がサービスを提供しており、会社ごとにプランは異なります。渡航の日程や利用状況に合わせて選びましょう。

また、フランスで利用できるWi-Fiレンタル情報について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

フランスSIMカードの利用

フランスで利用できるSIMカードを購入し、スマホに差し替えてインターネットを利用する方法もあります。SIMカードとは、小さいカード型のICチップです。契約者の情報が記録されており、SIMカードを装着することで、通話やインターネットの利用ができます。

SIMカードを差し替えれば、フランスの通信会社の回線を使ったインターネットの利用が可能です。

フランスでSIMカードを利用する場合、現地に到着してから空港や街中のショップで購入するか、出発前に日本で購入する方法があります。

ただし、SIMカードを入れ替えるためには、お手持ちのスマホのSIMロックが解除されていること、またはSIMフリー端末であることが必要です。SIMロックがかかっている状態だと、他社のSIMカードは使えないため、事前にロックを解除しておきましょう。

eSIMの利用

フランスでスマホを利用する場合、eSIMで接続する方法もあります。eSIMとはスマホ本体に埋め込まれたSIMのことです。スマホに挿入するSIMカードと異なり、スマホ内にあらかじめ組み込まれています。そのため、購入後に簡単な設定をするだけで、すぐにインターネットを利用できます。

eSIMはどのスマホでも利用できるわけではなく、対応機種でなければなりません。近年はeSIMが普及してきており、新しく販売されている機種にはeSIM対応のものも増えています。

契約しているキャリアもeSIMに対応していることが必要ですが、2023年7月現在ではauやドコモなど4大キャリアが対応しており、格安SIMも対応している会社が増えている状況です。

フランスでSIMカードを使う方法

フランスでSIMカードを使う方法

フランスでSIMカードを利用する場合、手に入れるには現地で購入するか、日本で用意していくかの2通りがあります。現地のSIMカードはOrangeをはじめ各社で販売されていますが、Orangeでは旅行者など短期滞在者向けのSIMカードも販売しています。

現地で購入する場合、到着してすぐ空港のショップで購入するのが手っ取り早く、設定もしてもらえるため安心です。ただし、到着時間によっては店舗が閉まっている場合もあり、その場合は街中のショップで購入できます。

フランス語のやり取りなどが不安な方は、事前に日本で購入しておくとよいでしょう。フランス向けのSIMカードは、Amazonや楽天などのネット通販で購入できます。各社からさまざまなプランのSIMカードが販売されており、一例として、ヨーロッパ 42カ国で利用できる5GB/10日間のタイプは2023年7月現在の価格で1,980円(税込)です。

フランスでeSIMを使う方法

フランスでeSIMを使う方法

フランスで利用できるeSIMも、各社から販売されています。フランス向けのeSIMを提供しているのは、「trifa」「airalo」「Numero」が代表的です。

フランスでeSIMを利用するには、まずスマホの機種がeSIMに対応していること、以下の4社のいずれかと契約していることが必要です。

  • au
  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル

UQモバイルやahamoなど主要な格安SIMもeSIMに対応しています。ただし、対応していないところもあるため、事前に確認しておいてください。

eSIMの利用には、購入と受信、設定のためにEメールアドレスやインターネットに接続できる環境が必要です。

フランスでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

フランスでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

フランスでeSIMを利用したい方には、eSIM Martがおすすめです。世界最大級※の旅行用eSIM販売サイトであるeSIM Martは200以上の国と地域で利用できるeSIMを購入することができます。周遊プランも取り扱っているため、フランスだけでなく近隣の国を周遊する予定がある場合にも便利です。

eSIMはいつでもオンラインで購入でき、用途に合わせてデータ容量を選べます。

ここでは、eSIM Martで購入可能な、フランスで使えるeSIMについて詳しく見ていきましょう。

※世界200以上の国と地域対応 2023年12月15日自社調べ

eSIM Martについて

eSIM Martは、フランスを含む世界200以上の国と地域で利用できるプリペイド式eSIMを取り扱っている世界最大級※の旅行用eSIM販売サイトです。「簡単に選べる すぐに使える」をコンセプトに、幅広いブランドやプランのeSIMのラインナップが用意されています。使用するデータ通信料や日数を合わせて購入することができ、お値段も比較的お手頃です。初期費用や手数料は一切かからず、プランの購入料金のみで利用できます。

物理的なSIMカードやWi-Fiレンタルの場合、空港や店舗、ネットショップで事前に購入・レンタルをしなければなりません。また、破損や紛失のリスクにも気を遣うでしょう。
しかし、eSIM Martであれば、日時や場所を問わず、オンラインで手続きが完了します。公式サイトから購入してスマホで簡単な設定をするだけです。アカウント登録も必要なく、購入・設定後はその場ですぐにインターネットを利用できます。

以降でeSIM Martで買えるフランスのeSIMの詳細やセットアップ方法など、詳しく解説していきます。

eSIM Martで買えるフランスのeSIMのスペック

eSIM Martで購入可能なフランスのeSIMのスペックとして、ブランド・プラン体制は以下のようになっています。

ブランド・プラン名 データ容量 使用可能期間 料金 リチャージ有無
eSIM Mart フランス1GB 1GB 7日 735円 ×
eSIM Mart フランス5GB 5GB 30日 2,235円 ×
Bouygues Telecom
Travel Basic
15GB 15日 2,835円 ×
Bouygues Telecom
Travel Basic+
15GB 15日 3,285円 ×
O2 Go Card eSIM 10GB 30日 3,735円 ×
Orange
Holiday Zen eSIM
12GB 14日 4,485円
Bouygues Telecom
My European eSIM
30GB 30日 6,735円 ×
Orange
Holiday Europe eSIM
30GB 14日 7,485円
Orange
Holiday Europe 50GB eSIM
50GB 28日 8,985円

※上記料金は、2023年12月21日時点の為替レートを適応した金額です。為替レートの関係で、毎月1日に、日本円での料金が変更となります。最新の料金に関してはeSIM Mart公式サイトにて直接ご確認ください

中でも、Holiday Zen eSIMはフランスを含む世界39カ国で対応しているため、フランス以外の国に旅行に行く方にもおすすめです。

対応できる端末は、機種により異なります。例えば、iPhoneであれば2018年9月リリース以降の機種に対応しています。公式サイトに対応端末の一覧が掲載されているため、事前に確認しておきましょう。

また、一部のeSIMブランドではリチャージすることが可能です。リチャージ方法については購入した後に送られるメールに記載されています。

eSIM Martで買えるフランスのeSIMの詳細についてはこちら

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの手続きは、購入からセットアップまですべてオンラインで完結します。

ここでは、eSIMの購入からセットアップの流れをみていきましょう。

eSIMの購入

eSIMの購入は、トップページの検索画面を表示し、以下の手順で行います。

  1. 検索欄に利用する国名を入力する
  2. 利用したいプランの「今すぐ購入」をクリックする
  3. ショッピングカートの中身に間違いなければ、連絡先・カード名義人、お支払情報を入力する ※入力したメールアドレスにeSIMのQRコードが届きます
  4. 「利用規約・プライバシーポリシーに同意し、SIMロックフリーのeSIM対応端末であることを確認しました。」のチェックボックスにチェックをいれて「支払い」をクリックする
  5. 決済完了後、注文が確定

注文完了後に購入明細書と、eSIMダウンロード用QRコードが記載されたPDFが添付されたメールが1通届くため、確認してください。
なお、eSIMは注文したら即時に発行されます。注文のキャンセル・交換はできないため、よく確認してから申し込みましょう。

セットアップ

eSIMのデータプランを購入後、セットアップを行います。セットアップはSIMフリーもしくはSIMロックを解除したeSIM対応端末で、インターネット通信が安定している状態で行います。
セットアップの手順はiOS(iPhone)とAndroidで異なります。今回はiOSを例にインストールする方法をご紹介いたします。(AndroidにeSIMをインストールする方法する方法はこちら

iOSにeSIMをインストールする方法

セットアップの手順は、以下のとおりです。

  1. 「設定」を開き、「モバイル通信」をタップ
  2. 「eSIMを追加」をタップ
  3. 「QRコードを使用」をタップし、カメラでQRコードをスキャン
    ※QRコードが読み取れない場合
    1. ①「QRコードを使用」を選択し、画面下部にある「詳細情報を手動で入力」をタップ
    2. ② SM-DP+アドレスとアクティベーションコードを入力(注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されています。また、通信事業者から確認コードが提供されている場合は、確認コードも入力してください。)
    ※eSIMによっては、注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されている確認コードの入力が求められる場合があります
  4. 「モバイルデータ通信プランを追加」を選択する
  5. モバイル通信プランの名称を設定する
  6. デフォルト回線に「主回線」を選択する
  7. iMessage・FaceTime・AppleIDに「主回線」を選択する
  8. モバイルデータ通信に「主回線」を選択する

すべて完了すると通信に必要なeSIMの情報(eSIMプロファイル)がインストールされます。目的地に到着後、「設定」にてeSIMに切り替えることが可能です。

iOSの詳しい設定方法はこちら

eSIM Mart公式サイトはこちら

フランスでeSIMを使うメリット

フランスでeSIMを使うメリット

フランスでeSIMを使うメリットはいくつかあります。

eSIMは物理的なカードではないため、破損や紛失のリスクがありません。現在、主流となっているnanoSIMは12.3ミリメートル×8.8ミリメートルというサイズで、SIMカードは世代を経るごとに小さくなっています。

仮に日本で使っているSIMカードを紛失してしまうと、不便であるだけでなく、再発行の手続きが必要となってしまいます。

eSIMであれば、オンラインで購入し、スマホ1台でインストール・使用することができるため、そのような心配はありません。

また、事前にインストールしておけば、現地についてすぐeSIMに切り替えることができるので、スムーズにインターネットを利用することもできます。

フランスでeSIMを使う場合の注意点

フランスでeSIMを使う場合の注意点

フランスでeSIMを使う際には、お手持ちのスマホがeSIMに対応しているかどうかを事前に確認しておきましょう。端末が対応していなければ、eSIMを使うことはできません。

また、利用するスマホのSIMロックがかかっていないかのチェックも必要です。SIMロックとは、自社のSIMカードが差し込まれた場合のみ動作するようにし、他社のSIMカードやeSIMを使えないよう設定することです。

2021年10月1日以降に発売されたスマホには、SIMロックは原則として設定されていませんが、それ以前に大手通信キャリアで販売されたスマホは、SIMロックが設定されていました。つまり、少し年数の古いスマホを利用している場合は、SIMロックがかかっている可能性はあります。
SIMロックの解除は、携帯ショップのほかオンラインでも可能です。解除の方法は通信キャリアごとに異なります。以下のリンクから、ご確認ください。

SIMロックについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

フランスのSIM・eSIM事情のまとめ

フランスのSIM・eSIM事情のまとめ

フランスへ観光や出張に行かれる際は、スマホをインターネットに接続する方法を用意して出かけましょう。

手軽にスマホをインターネット接続したいという方には、eSIMがおすすめです。SIMカードの購入や差し替えといった面倒がなく、紛失の心配もありません。インターネットにつながる環境があれば購入・設定をしてすぐに利用を開始できます。

滞在期間に必要なデータ容量を選べ、足りなくなったらリチャージできるのも魅力です。

eSIM販売サイト「eSIM Mart」であれば、様々なプランやブランドを比較して、希望の利用日数やデータ容量に合わせてeSIMを購入することができます。フランスへの旅行・出張を予定している方は、ぜひご活用ください。

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

海外渡航情報リンク

国・地域情報
出典:外務省ホームページ

在外公館が未設置の国・地域では、在外公館によるパスポートの発給や災害時の支援等に一定の制約があります。大洋州、カリブ海地域には、島嶼国以外にも、英国、フランス、オランダ等の海外領土が数多くあり、その多くが日本国の在外公館未設置です。渡航の際には、下記「日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意」をご確認ください。

在外公館ホームページ一覧
出典:外務省ホームページ

日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意
出典:外務省海外安全ホームページ

フランス関連記事

海外の国・地域の記事

ヤラ

最新記事