シンガポールで使えるおすすめeSIMやSIMカードとは?現地SIM事情から解説

シンガポールで使えるおすすめeSIMやSIMカードとは?現地SIM事情から解説

シンガポールを仕事や観光旅行などで訪れる際、インターネットを快適に利用したいのであれば、インターネット環境のチェックが欠かせません。そこで、この記事ではシンガポールでのインターネットやSIM事情(eSIMを使う方法やメリットやデメリットなど)を解説します。
また、シンガポールでインターネットを快適に利用する際におすすめのeSIM販売サイト「eSIM Mart」も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

シンガポールで日本のスマホを使う方法

シンガポールで日本のスマホを使う方法

日本で使用しているスマホをシンガポールでも使いたい場合、いくつかの方法があります。

  • 国際ローミングや携帯レンタル
  • Wi-Fiレンタル
  • シンガポールSIMカードの利用
  • eSIMの利用

手軽に利用したい場合には、日本で契約しているキャリアの国際ローミングサービスの利用でしょう。スマホ代金の心配がなく自由にインターネットを利用するには、Wi-FiレンタルやSIMカード、eSIMなどの選択肢が考えられます。それぞれメリット・デメリットが存在するため、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

国際ローミングや携帯レンタル

国際ローミングとは、日本で契約しているスマホや携帯電話を渡航先でも使用する方法です。海外で使用する場合は現地の携帯キャリアの通信設備を経由し、日本の通信設備へ接続します。この仕組みを「国際ローミング」です。

国際ローミングには、国際電話とデータ通信の2種類があります。基本的に従量課金制のため、知らない間に料金が発生してしまう危険性があるため注意が必要です。

メリットとしては、手間や時間がかからないことが挙げられます。Wi-Fiルーターや携帯のレンタルでは機器を借りる手間や手続きが必要で、持ち運びの荷物も増えてしまいます。しかし、普段使用するスマホや携帯電話であればこのような心配はありません。デメリットは、上記のとおり、料金が高額になる可能性がある点です。

一方の携帯レンタルとは、世界中で利用可能なスマホ(携帯電話)を借りるサービスを指します。渡航先では、レンタルしたスマホ(携帯)を使用するイメージです。

携帯レンタルサービスであれば、現地の携帯電話会社のローカル回線を使用しているため、通話状態は安定しています。デメリットとしては、データ通信ができない機種が多いことや、使用の有無にかかわらずレンタル料などの費用が発生する点などです。

Wi-Fiレンタル

Wi-Fiレンタルとは、海外でも使えるWi-Fiルーターを貸し出すサービスです。利用者は、レンタルしたWi-Fiルーターを渡航先に持って行き、インターネットに接続します。

Wi-Fiレンタルのメリットは「海外でもすぐにインターネット接続ができる」「1台のルーターで、スマホ・タブレット・パソコンなどさまざまなデバイスでインターネットが利用できる」「複数人でインターネットに接続できる」といった点です。

デメリットとしては、「持ち歩く必要があるため荷物が増える」「紛失のリスクがある」「バッテリーがなくなると使えない」といったものが挙げられるでしょう。

また、シンガポールのWi-Fiレンタルについて詳しく解説している記事もあります。詳しくはこちらからご覧ください。

シンガポールSIMカードの利用

シンガポールのSIMカードを購入して、スマホ本体に挿し込むことでインターネットに接続する方法もあります。

SIMとは、「Subscriber Identity Module」の略です。カードのような形状のチップのようなものであるため、「SIMカード」と呼ばれています。

なお、SIMカードを差し替えるためには「SIMフリー」のスマートフォンである必要があるため、注意してください。

SIMカードのメリットには、料金がリーズナブルであったり、さまざまなプランから選べたりするなどが挙げられます。デメリットは、設定に手間がかかったり、複数人で利用できなかったりすることです。

SIMカードは、シンガポールでも購入できます。外国語でのコミュニケーションに自信がない方は、日本でネット通販から購入して渡航するのがいいでしょう。

eSIMの利用

eSIMとはEmbedded SIM(組み込み型のSIM)の略で、端末内に組み込まれているSIMのことを指します。SIMカードの入れ替えが不要で、通信プランをオンラインで契約後に設定するだけで利用可能なのがメリットです。

デメリットとしては、キャリアによっては対応していないものがあったり、eSIM対応端末が限られている点などが挙げられます。また、キャリアによってはデータ通信専用プランのみの提供で、音声通話が利用できないものもあるため注意が必要です。

シンガポールでSIMカードを使う方法

シンガポールでSIMカードを使う方法

シンガポールのSIMカードを使う場合には、シンガポールのSIMカードの購入が必要です。シンガポールのSIMカードは、日本国内もしくは現地で購入できます。

現地で購入する場合は、日本よりも多少安く手に入れられるほか、SIMカードの種類も豊富にある点はメリットです。ただし、設定をしてくれないお店があったり、英語等でコミュニケーションがとれなかったりする場合は、日本で購入してから行きましょう。日本で購入する場合は、インターネット通販で購入可能です。

シンガポールの通信社が発行している代表的なSIMカードには、以下のようなものがあります。

  • Singtel
  • StarHub
  • M1

Singtelは通信会社のなかでもシンガポール最大手です。世界70の国をまたにかけたネットワークとセキュリティレベルの高い通信技術が特徴で、安全かつ大容量のデータ通信が人気となっています。

StarHubも通信会社大手の1つです。安価な料金と安定した通信速度で人気を集めています。

M1もシンガポール通信大手の一つです。日本語対応のサービスが充実しているのは特徴で、SIMカードを現地で受け取ると日本語の説明書をもらえます。

ここでは、Singtelが提供している旅行者向けのSIMカード「hi! Tourist SIM」を紹介します(2023年7月時点)。

データ量、通話制限 有効期間 料金
100GB、国内通話500分 14日 S$12
100GB、国内通話無制限 28日 S$30
120GB、国内通話無制限 28日 S$50

シンガポールでeSIMを使う方法

シンガポールでeSIMを使う方法

シンガポールでeSIMを使うには、まずeSIMの購入が必要です。eSIMは、SIMカードを差し替える必要がなく、スマホの設定を変更することで通信環境を切り替えられます。

シンガポールで使用可能なeSIMには、以下のようなものがあります。

  • Holafly(オラフライ)
  • GlobaleSIM(グローバルイーシム)
  • Flexiroam(フレキシローム)

例として、Holaflyの料金やデータプランは以下のとおりです。

販売店 データプラン 利用期間 料金
Holafly 無制限 5日 2,400円
10日 4,400円
30日 8,400円
60日 10,400円

※2023年7月時点

シンガポールでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

シンガポールでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

シンガポールでeSIMを購入する際に不安なのが、現地対応やトラブル時の対応でしょう。そのようなときは、世界中どこからでも日本語でオンライン購入可が能なeSIM 販売サイト「eSIM Mart」がおすすめです。ここでは、eSIM Martついて、特徴やスペック、購入方法などを解説します。

eSIM Martについて

eSIM Martは、シンガポールを含む世界200以上の国と地域で利用できるプリペイド式eSIMを取り扱っている世界最大級※の旅行用eSIM販売サイトです。「簡単に選べる すぐに使える」をコンセプトに、幅広いブランドやプランのeSIMのラインナップが用意されています。自社商品を含む136社のキャリアを扱っており、必要なデータ通信料や日数に合わせて、自身にあった商品を購入することが可能です。
初期費用や手数料は一切かからず、プランの購入料金のみで利用できます。

eSIMの利用は、公式サイトから購入してスマホで簡単な設定をするだけです。物理的なSIMの差し替えが必要なく、ネットが繋がる環境であれば、いつでもどこでもセットアップまでの手続きが完了いたします。
SIMカードの交換作業も必要なく、SIMカードを紛失したり破損したりするリスクもありません。

さらに、eSIM Martはアカウント登録が必要なく、スピーディーに購入できる点も魅力です。

※世界200以上の国と地域対応 2023年12月15日自社調べ

eSIM Martで買えるシンガポールのeSIMのスペック

eSIM Martで購入可能なシンガポールのeSIMのプランは以下のようになっております。

プラン データ容量 使用可能期間 料金
eSIM Mart シンガポール1GB 1GB 7日 1,185円
eSIM Martシンガポール3GB 3GB 15日 2,235円
SimOptions
Smart Traveller eSIM
6GB 10日 2,695円
eSIM Mart シンガポール10GB 10GB 30日 5,985円
eSIM Mart シンガポール20GB 20GB 30日 10,485円

※上記料金は、2023年12月21日時点の為替レートを適応した金額です。為替レートの関係で、毎月1日に、日本円での料金が変更となります。最新の料金に関してはeSIM Mart公式サイトにて直接ご確認ください

中でも、Smart Traveller eSIMはシンガポールだけでなく、アメリカやインド、オーストラリアなど世界26カ国で対応しているため、シンガポール以外の国に旅行に行く方や、飛行機の乗り継ぎがある方にもおすすめです。

eSIMを使うには、利用するスマホがSIMロック解除済みであること、対応機種であることの条件があります。対応機種に関しては、公式サイトに一覧が掲載されているため、事前にチェックしてみてください。

また、eSIM Martで取り扱っているシンガポールのプランは残念ながらリチャージすることはできません。ただし、今後リチャージができるeSIMブランドが追加される可能性はあります。
リチャージには対応していませんが、ネット環境があれば、eSIMを新たに購入することはできます。

eSIM Martで買えるシンガポールのeSIMの詳細についてはこちら

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの手続きは、購入からセットアップまですべてオンラインで完結します。

ここでは、eSIMの購入からセットアップの流れをみていきましょう。

eSIMの購入

eSIMの購入は、トップページの検索画面を表示し、以下の手順で行います。

  1. 検索欄に利用する国名を入力する
  2. 利用したいプランの「今すぐ購入」をクリックする
  3. ショッピングカートの中身に間違いなければ、連絡先・カード名義人、お支払情報を入力する ※入力したメールアドレスにeSIMのQRコードが届きます
  4. 「利用規約・プライバシーポリシーに同意し、SIMロックフリーのeSIM対応端末であることを確認しました。」のチェックボックスにチェックをいれて「支払い」をクリックする
  5. 決済完了後、注文が確定

注文完了後に購入明細書と、eSIMダウンロード用QRコードが記載されたPDFが添付されたメールが1通届くため、確認してください。
なお、eSIMは注文したら即時に発行されます。注文のキャンセル・交換はできないため、よく確認してから申し込みましょう。

セットアップ

eSIMのデータプランを購入後、セットアップを行います。セットアップはSIMフリーもしくはSIMロックを解除したeSIM対応端末で、インターネット通信が安定している状態で行います。
セットアップの手順はiOS(iPhone)とAndroidで異なります。今回はiOSを例にインストールする方法をご紹介いたします。(AndroidにeSIMをインストールする方法する方法はこちら

iOSにeSIMをインストールする方法

セットアップの手順は、以下のとおりです。

  1. 「設定」を開き、「モバイル通信」をタップ
  2. 「eSIMを追加」をタップ
  3. 「QRコードを使用」をタップし、カメラでQRコードをスキャン
    ※QRコードが読み取れない場合
    1. ①「QRコードを使用」を選択し、画面下部にある「詳細情報を手動で入力」をタップ
    2. ② SM-DP+アドレスとアクティベーションコードを入力(注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されています。また、通信事業者から確認コードが提供されている場合は、確認コードも入力してください。)
    ※eSIMによっては、注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されている確認コードの入力が求められる場合があります
  4. 「モバイルデータ通信プランを追加」を選択する
  5. モバイル通信プランの名称を設定する
  6. デフォルト回線に「主回線」を選択する
  7. iMessage・FaceTime・AppleIDに「主回線」を選択する
  8. モバイルデータ通信に「主回線」を選択する

すべて完了すると通信に必要なeSIMの情報(eSIMプロファイル)がインストールされます。目的地に到着後、「設定」にてeSIMに切り替えることが可能です。

iOSの詳しい設定方法はこちら

eSIM Mart公式サイトはこちら

シンガポールでeSIMを使うメリット

シンガポールでeSIMを使うメリット

シンガポールでeSIMを使用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

まず1つ目に「紛失や破損の心配がない」という点です。物理的なSIMカードは紛失するリスクがあります。小さいため、扱いに慣れていないと破損してしまったり、無くしてしまったりするかもしれません。eSIMであればそのような心配はせずに済みます。

2つ目は「購入からセットアップ、利用まで全てオンライン上で完結できる」ところです。eSIMはインターネットさえつながれば、日時・場所を問わずオンライン上で簡単に利用することができます。そのため、シンガポールに到着した際、すぐにインターネットを使用することができるのもメリットです。

シンガポールでeSIMを使う場合の注意点

シンガポールでeSIMを使う場合の注意点

では、先述したメリットの反面、どのような注意点があるのでしょうか。

まず1つ目に、eSIMは複数の端末で使うことはできません。SIMカードのように、別のスマホに差し替えて利用することができないため、ほかの端末で使用したい場合は、再度eSIMの再発行・再購入の手続きが必要です。

2つ目に、お使いになられているスマホが、「SIMロック」状態になっている場合、事前に解除しておくことが必要です。大手キャリアで購入したスマホを使う場合、「SIMロック」状態になっていることが多いです。解除方法はキャリアごとに異なるので、以下より確認してみてください。

SIMロックについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

3つ目に、eSIMに対応していない機種があることにも注意が必要です。事前にお手持ちのスマホがeSIM対応機種であるかどうかは必ずチェックしてください。
ただし、iPhone、iPadは2019年以降の機種がすべてeSIMに対応しています。このように、今後はeSIMに対応する機種が増えてくるかもしれません。

シンガポールのSIM・eSIM事情のまとめ

シンガポールのSIM・eSIM事情のまとめ

シンガポールで安心してインターネットに接続するにはWi-FiレンタルやSIMカードなどの方法があります。中でも、eSIMであれば、購入からセットアップまでオンラインで完結できるので、カウンターに並ぶ手間やSIMカードの破損・紛失がなくおすすめです。
世界最大級※の旅行用eSIM販売サイト「eSIM Mart」は、日本からでもシンガポールからでもオンラインで購入可能で、豊富な商品数の中から自身にあったプランのeSIMを購入することができます。シンガポールへの旅行や出張時には、ご利用をご検討ください。

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

海外渡航情報リンク

国・地域情報
出典:外務省ホームページ

在外公館が未設置の国・地域では、在外公館によるパスポートの発給や災害時の支援等に一定の制約があります。大洋州、カリブ海地域には、島嶼国以外にも、英国、フランス、オランダ等の海外領土が数多くあり、その多くが日本国の在外公館未設置です。渡航の際には、下記「日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意」をご確認ください。

在外公館ホームページ一覧
出典:外務省ホームページ

日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意
出典:外務省海外安全ホームページ

シンガポール関連記事

海外の国・地域の記事

ヤラ

最新記事