マレーシアで使えるおすすめのeSIMとは?現地SIM事情から解説

マレーシアで使えるおすすめのeSIMとは?現地SIM事情から解説

マレーシアの観光や出張でインターネットに接続する場合、便利なのが、eSIMやSIMカードです。しかし、初めてSIMを使う場合、どのように使うのか、注意点は何かなど、分からない人も多いと思います。

本記事ではマレーシアで利用できるeSIMやSIMカードについて、またメリットやデメリットについて紹介します。さらに、いつでもどこでもオンラインで利用できる「eSIM Mart」について解説します。

マレーシアで日本のスマホを使う方法

マレーシアで日本のスマホを使う方法

マレーシアの観光や出張でインターネットを利用する際、日本で使っているスマホで接続するにはいくつかの方法があります。

現在契約しているキャリアの国際ローミングを利用するか、別の携帯をレンタルする方法があげられます。ほかにも、Wi-Fiルーターのレンタルや、SIMカード・eSIMでもインターネットの利用が可能です。

マレーシアで日本のスマホを使う方法について、詳しくみていきましょう。

国際ローミングや携帯レンタル

国際ローミングとは、現在契約しているキャリアが提供するサービスのひとつです。国内で契約をしている携帯電話等を海外でも利用できるようにするサービスです。

キャリアの携帯電話を海外で利用する場合、キャリアがその国や地域でサービスを提供している会社から回線を借り、契約者にサービスを提供します。利用料金は、利用した国の携帯電話会社から日本で契約しているキャリアに請求が届き、キャリアから契約者に請求がいく仕組みです。

現在発売されているスマホは、ほとんど国際ローミングに対応しています。そのまま海外でも利用できますが、場合によっては利用料金が高額になり、帰国後に高額な請求が届く可能性もあるため注意が必要です。

キャリア各社では国際ローミング用の定額料金プランを用意しており、内容や利用できる国は各社で異なります。利用する際は、事前によく確かめましょう。

携帯電話をレンタルして利用する方法もあります。携帯レンタルは、レンタル会社がキャリアと法人契約し、一般に貸し出すサービスです。スマホ本体とSIMカードをレンタルして使用するタイプや、スマホのみレンタルしてSIMカードは自分が利用していた端末のものを利用するタイプがあります。

Wi-Fiレンタル

Wi-Fiレンタルとは、モバイルルーターをレンタルし、インターネットに接続するサービスです。スマホだけでなくパソコンやタブレットなど、Wi-Fiを受信できる機器すべてに接続できます。簡単な設定で接続でき、ルーターを受け取ったらすぐにインターネットの利用が可能です。

Wi-Fiレンタルは、利用期間と必要な通信量からプランを決めて申し込みます。ルーターは宅配や店舗、空港のカウンターなどで受け取り・返却ができます。

ルーターの購入や長期契約の縛りがなく、出張や旅行など限られた日数で各種モバイルを利用したい場合に便利です。

Wi-Fiレンタルは多くの会社がサービスを提供していますが、通信可能エリアや通信容量、利用期間、料金などは異なります。受取方法も違うため、各社を比較して自分に合うサービスを選びましょう。

また、マレーシアのWi-Fi情報についてはこちらの記事よりご確認ください。
フリーWi-FiやWi-Fiレンタルについてより詳しく解説しています。

マレーシアのSIMカードを利用

マレーシア国内で利用できるSIMカードを購入し、インターネットに接続する方法もあります。SIMカードは、加入者を特定するための契約者情報が記録されている、カード型の小さいチップです。現在利用しているスマホに差し替えることで、通信・通話ができるようになります。

音声通話」「データ通信」「SMS」の3種類があり、用途によって次のような選び方ができます。

  • すべての機能を利用:音声通話SIM
  • インターネットのみを利用:データSIM
  • 音声通話が不要で、データ通信とSMS認証を利用:データ+SMS

データ容量や利用日数で選べ、料金は会社ごとに異なります。

マレーシアで使えるSIMカードは、出国前にネット通販で購入して持参するか、マレーシアに入国後に空港などで購入する方法があります。

eSIMの利用

eSIMでインターネットにつなぐ方法もあります。eSIMとは、スマホ本体にあらかじめ埋め込まれたSIMのことです。

SIMカードのように差し替えが不要で、スマホで操作するだけでインターネットに接続できます。オンラインで申し込み、最短で当日に開通できるのがメリットです。

eSIMを利用するにはeSIM対応のキャリアと契約し、eSIMに対応しているスマホを所持していることが必要です。

マレーシアで使えるeSIMもあり、出発前でも現地到着後でも、インターネット環境があれば申し込みができ、設定をすればすぐにインターネットを利用できます。

マレーシアでSIMカードを使う方法

マレーシアでSIMカードを使う方法

マレーシアでSIMカードを使う場合、現地で購入する方法と日本で購入する方法の2通りがあります。

現地で購入できるのは、MaxisCelcomDigiU Mobileの各社が提供するSIMカードで、空港をはじめ、コンビニやショッピングモールにある代理店など、さまざまな場所で購入できます。

ただし、開通作業などに不安がある場合、代理店は避けた方がよいでしょう。通信会社のショップで購入すれば、設定までしてもらえます。

クアラルンプール国際空港では到着ゲートを出ると通信会社のショップが目に入るため、そこで購入すれば手間がありません。

日本ではAmazonや楽天などの通販サイトにおいて、マレーシアで使えるSIMカードを購入できます。一例として、無制限で使えるCelcomのSIMカードは以下のとおりです。

  • 7日間:1,450円(税込)
  • 30日間:2,280円(税込)

※2023年7月現在の価格

日本で購入して現地で差し替える場合、紛失には注意してください。

マレーシアでeSIMを使う方法

マレーシアでeSIMを使う方法

マレーシア向けのeSIMを販売しているのは主に「airalo」か「Flexiroam」で、MaxisDigiCelcomなど現地の携帯電話会社でも提供しています。

マレーシアでeSIMを利用する場合、eSIMに対応しているキャリアと契約していること、スマホの機種がeSIMに対応していることが必要です。eSIMに対応しているキャリアは、以下の4社です。

  • au
  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル

このほか格安SIMでも、ワイモバイルやLINEMOなど格安SIMでもeSIMは利用できますが、対応していない格安SIMもあるため注意しましょう。

eSIMは、インターネット環境のある場所で、通信会社の公式サイトまたは通販サイトから申し込みます。コードの受信と開通作業をすれば、すぐにインターネットの接続が可能です。

eSIMはさまざまな会社がサービスを提供していますが、おすすめは次に紹介する「eSIM Mart」です。

マレーシアでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

マレーシアでeSIMを使うならeSIM Martがおすすめ

マレーシアでeSIMを利用する際は、eSIM Martがおすすめです。世界200以上の国と地域で利用できるプリペイド式eSIMを扱う旅行用eSIM販売サイトです。マレーシアで使えるeSIMも、いくつかプランが用意されているため、自身にあったeSIMを購入することが可能です。
eSIM Martの詳細をみていきましょう。

eSIM Martについて

eSIM Martは、マレーシアを含む世界200以上の国と地域で利用できるプリペイド式eSIMを取り扱っている世界最大級※の旅行用eSIM販売サイトです。「簡単に選べる すぐに使える」をコンセプトに、幅広いラインナップのeSIMが揃っています。データ容量、使用期間、通話・SMS機能の有無、リチャージ可否など、プランのスペックは様々です。eSIM Martでは自分に合ったeSIMを購入することができるでしょう。

※世界200以上の国と地域対応 2023年12月15日自社調べ

eSIM Martで買えるマレーシアのeSIMのスペック

eSIM Martで購入可能なマレーシアのeSIM商品は次の通りです。

  • プラン数:5(周遊プラン含む)
  • データ容量:1~20GB
  • 有効期限;7~30日
  • 通信速度:通信速度:4G/LTE対応 現地の通信環境により3G・2Gを受信する場合あり
  • 価格:735円~
  • 対応端末:eSIMに対応するSIMロックフリーまたはSIMロック解除済みの端末

※上記料金は、2023年12月21日時点の為替レートを適応した金額です。為替レートの関係で、毎月1日に、日本円での料金が変更となります。最新の料金に関してはeSIM Mart公式サイトにて直接ご確認ください

マレーシアで使えるeSIMプランの中には、世界26カ国で使える商品もあるため、各国を周る予定の方も便利に利用できるでしょう。

対応機種は、公式サイトに一覧があります。事前に確認しておきましょう。例えば、iPhoneであれば2018年9月リリース以降のすべての機種が対応しています。
一覧に記載のあるスマホなのに対応しなかった場合は、OSをアップデートしてみてください。

なお、eSIM Martで取り扱っているマレーシアのプランは残念ながらリチャージすることはできません。ただし、今後リチャージができるeSIMブランドが追加される可能性はあります。
リチャージには対応していませんが、ネット環境があれば、eSIMを新たに購入することはできます。

eSIM Martで買えるマレーシアのeSIMの詳細についてはこちら

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの利用の流れ

eSIM Martの手続きは、購入からセットアップまですべてオンラインで完結します。

ここでは、eSIMの購入からセットアップの流れをみていきましょう。

eSIMの購入

eSIMの購入は、トップページの検索画面を表示し、以下の手順で行います。

  1. 検索欄に利用する国名を入力する
  2. 利用したいプランの「今すぐ購入」をクリックする
  3. ショッピングカートの中身に間違いなければ、連絡先・カード名義人、お支払情報を入力する ※入力したメールアドレスにeSIMのQRコードが届きます
  4. 「利用規約・プライバシーポリシーに同意し、SIMロックフリーのeSIM対応端末であることを確認しました。」のチェックボックスにチェックをいれて「支払い」をクリックする
  5. 決済完了後、注文が確定

注文完了後に購入明細書と、eSIMダウンロード用QRコードが記載されたPDFが添付されたメールが1通届くため、確認してください。
なお、eSIMは注文したら即時に発行されます。注文のキャンセル・交換はできないため、よく確認してから申し込みましょう。

セットアップ

eSIMのデータプランを購入後、セットアップを行います。セットアップはSIMフリーもしくはSIMロックを解除したeSIM対応端末で、インターネット通信が安定している状態で行います。
セットアップの手順はiOS(iPhone)とAndroidで異なります。今回はiOSを例にインストールする方法をご紹介いたします。(AndroidにeSIMをインストールする方法する方法はこちら

h4:iOSにeSIMをインストールする方法

セットアップの手順は、以下のとおりです。

  1. 「設定」を開き、「モバイル通信」をタップ
  2. 「eSIMを追加」をタップ
  3. 「QRコードを使用」をタップし、カメラでQRコードをスキャン
    ※QRコードが読み取れない場合
    1. ①「QRコードを使用」を選択し、画面下部にある「詳細情報を手動で入力」をタップ
    2. ② SM-DP+アドレスとアクティベーションコードを入力(注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されています。また、通信事業者から確認コードが提供されている場合は、確認コードも入力してください。)
    ※eSIMによっては、注文確認メールに添付されているPDFファイルに記載されている確認コードの入力が求められる場合があります
  4. 「モバイルデータ通信プランを追加」を選択する
  5. モバイル通信プランの名称を設定する
  6. デフォルト回線に「主回線」を選択する
  7. iMessage・FaceTime・AppleIDに「主回線」を選択する
  8. モバイルデータ通信に「主回線」を選択する

すべて完了すると通信に必要なeSIMの情報(eSIMプロファイル)がインストールされます。目的地に到着後、「設定」にてeSIMに切り替えることが可能です。

iOSの詳しい設定方法はこちら

eSIM Mart公式サイトはこちら

マレーシアでeSIMを使うメリット

マレーシアでeSIMを使うメリット

では、eSIMを利用することは、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは2つご紹介します。

  • 紛失や破損の心配がない
    物理的なSIMカードは取り外しの際に紛失してしまう恐れがあります。また、サイズも小さいため、破損させないよう注意も必要です。eSIMを利用すれば、このような心配はありません。
  • オンライン上で簡単に利用できる
    eSIMは購入から使用まで、全てオンラインで行います。アメリカ現地で物理的なSIMカードを購入する必要もないため、英語でのやり取りも発生しません。

いかがでしょうか。eSIMには上記のようなメリットがあります。では逆に、eSIMにはどのようなデメリットや注意点があるのかを、解説していきます。

マレーシアでeSIMを使う場合の注意点

マレーシアでeSIMを使う場合の注意点

日本の大手携帯会社でスマートフォンを購入した場合、以下注意点を事前にチェックしておきましょう。

  • スマートフォンがSIMフリーであること
    大手の携帯会社でスマートフォンを購入した場合、「SIMロック」がかかっている可能性があります。SIMロックとは、他社のSIMカードやeSIMが使えない状態のことです。事前にスマートフォンがSIMフリーであるかを確認しておきましょう。また、SIMロックがかかっている場合は、下記より設定方法をご確認ください。

  • eSIM対応機種であること
    eSIMに対応していない機種があることにも注意が必要です。お手持ちのスマートフォンがeSIM対応機種であるかどうか確認しておきましょう。ただし、iPhone、iPadは2019年以降の機種がすべてeSIMに対応しているように、今後はeSIMに対応する機種が増えてくるかもしれません。

マレーシアのSIM・eSIM事情のまとめ

マレーシアのSIM・eSIM事情のまとめ

出張や留学、長期旅行などでマレーシアに行くときにおすすめなのが、eSIMです。eSIMはSIMカードの差し替えなど面倒がなく、紛失の心配もありません。利用したいときにいつでもどこでもオンラインから購入し、簡単な設定ですぐに利用できます。

eSIM Martであれば、データ容量や使用可能期間などがそれぞれ異なる豊富なプランの中から、自身にあったeSIMが選べます。さらに、周遊プランもあるので、マレーシアだけでなく他国へ旅行する方にも便利に利用することができます。

マレーシアへの出張・旅行を予定している方は、ぜひご検討ください。

eSIM Mart公式サイトはこちら

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

マレーシア関連記事

海外の国・地域の記事

ヤラ

最新記事