マレーシアで使えるおすすめWi-Fiレンタルとは?現地Wi-Fi事情から解説

マレーシアで使えるおすすめWi-Fiレンタルとは?現地Wi-Fi事情から解説

マレーシアへの出張や旅行の際にインターネットを快適に利用するためには、現地のWi-Fi事情を事前に把握しておくことが大切です。本記事ではマレーシアのWi-Fi事情やインターネット環境現地SIMサービスの解説をするとともに、おすすめのWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」についても紹介します。

【今すぐレンタル】非接触で完結予約・受け取り・返却が驚くほど簡単なマレーシア用Wi-Fiレンタル

かつてないWi-Fiレンタル。海外でもいつものようにスマホもPCも安心して使い放題。 かつてないWi-Fiレンタル。海外でもいつものようにスマホもPCも安心して使い放題。

マレーシアのインターネット・Wi-Fi事情はどうなってる?

マレーシアのインターネット・Wi-Fi事情はどうなってる?

世界遺産に指定されている古都マラッカ、高層ビルが立ち並ぶ近代都市クアラルンプール、豊かな大自然を満喫できるボルネオ島など、マレーシアには人気の観光地が点在します。そんなマレーシアのWi-Fi事情は、どのようになっているのでしょうか。

結論からお伝えすると、マレーシアは中規模以上の都市であれば問題なくインターネットを利用できる環境です。以下のようなさまざまな場所で、無料のWi-Fiを利用できます。

  • 空港
  • ホテル
  • クアラルンプールの主要駅やバスターミナル
  • 無料巡回バス
  • ショッピングモール
  • カフェ
  • レストラン

ただし、マレーシアに限らずフリーWi-Fiを利用したインターネット接続では、セキュリティ上の不安が否めません。公共のフリーWi-Fiは不特定多数の人がアクセス可能なため、利用時は以下のような個人情報の入力は控えたほうが安心です。

  • 氏名と住所
  • アカウントID
  • パスワード
  • クレジットカード情報
  • 銀行の口座情報

フリーWi-Fiのセキュリティリスクを考えると、フリーWi-Fiの利用は基本的なネット検索や地図の閲覧、YouTube動画の視聴など、個人情報の入力が必要ない場合にとどめておくほうが無難といえるでしょう。

【セルフWi-Fiレンタル】マレーシア旅行の必需品『WiFiBOX』Wi-Fi+モバイルバッテリー機能

マレーシアの渡航でのWi-FiレンタルならWiFiBOXがおすすめ

マレーシア渡航でのWi-FiレンタルならWiFiBOXがおすすめ

マレーシアへの旅行や出張の際には、レンタルWi-Fiサービス「WiFiBOX」がおすすめです。ここからは、WiFiBOXについて以下の詳細を解説します。

  • WiFiBOXは簡単でリーズナブル
  • マレーシアでの利用料金とプラン
  • マレーシアで利用可能な都市
  • Wi-Fiルーターと端末の同時接続台数
  • マレーシア渡航時のデータ通信量の目安
  • マレーシア入国後のルーター受取はできるか
  • 実際にマレーシアでWiFiBOXを利用した方の声

それでは具体的に見ていきましょう。

WiFiBOXとは

WiFiBOXは、予約・受取・返却が驚くほどシンプルで簡単な、海外向けレンタルWi-Fiサービスです。すべてのステップが非対面・非接触で完結し、利用料金もリーズナブルです。

WiFiBOXのWi-Fiルーターには、Wi-Fi機能だけでなくモバイルバッテリー機能も付いています。スマホなどの充電に対応した3タイプのケーブルを内蔵しているため、モバイルバッテリーを別に用意する手間がかかりません。

レンタルの手順は非常にシンプルです。Webで予約を行い、空港などに設置されているボックスからWi-Fiルーターを引き抜くだけで、簡単に持ち出せます。

マレーシアでの利用料金・プラン

WiFiBOXの料金プランは、「500MB」「1GB」「無制限」の3種類です。各プランにおけるマレーシアでの利用料金は以下の通りです。

マレーシア専用

  • 500MBプラン:490円/日
  • 1GBプラン:890円/日
  • 無制限プラン:1,090円/日

アジア周遊

  • 500MBプラン:590円/日
  • 1GBプラン:990円/日
  • 無制限プラン:1,390円/日

世界周遊

  • 500MBプラン:990円/日
  • 1GBプラン:1,690円/日
  • 無制限プラン:2,590円/日

なお、+220円 /日(税込)で、ルーターの盗難・紛失や破損時に発生する弁償代金を全額補償してもらえる「あんしん保証」に加入できます。

Wi-Fiレンタル無制限プラン。業界最多の約130カ国。ネットも動画もSNSもビデオ通話も無制限Wi-Fiなら安心。 Wi-Fiレンタル無制限プラン。業界最多の約130カ国。ネットも動画もSNSもビデオ通話も無制限Wi-Fiなら安心。

マレーシアで利用可能な都市

マレーシアでWiFiBOXが利用可能な都市は、以下のとおりです。

  • クアラルンプール
  • ランカウイ島
  • ペナン島
  • マラッカ
  • コタキナバル
  • ティオマン島
  • ジョホールバル
  • レダン島
  • クアンタン
  • イポー
  • コタバル
  • ボルネオ島
  • クチン
  • パンコール・ラウ島
  • サンダカン

WiFiBOXは、マレーシアの上記エリアで利用可能です。ただし、日本と同様に山間部や電波を遮る物が多い場所などでは、通信が不安定になったりWi-Fiが利用できなかったりする可能性もあります。

マレーシアでのWi-Fi同時接続台数

「Wi-Fiの同時接続台数」とは、Wi-FiルーターとスマホやPCなどの端末を接続した際に、快適にインターネットを利用できる接続台数の目安のことです。マレーシアでのWi-Fi同時接続台数は、使用するWi-Fiルーターによって異なります。WiFiBOXのルーターを使用する場合は、最大で5台までです。

6台以上で接続すると、通信機器がインターネットにつながらない可能性や、インターネットにつながったとしても全体の通信速度は低下する可能性があります。

マレーシア渡航時のデータ通信量の目安

マレーシア渡航時に必要なデータ通信量の目安について、WiFiBOXのプラン別に見てみましょう。

1日500MBまでのデータが利用できる「500MBプラン」では、1MBの画像ファイルを添付したメールの送受信であれば500通、Yahoo!のトップページであれば約165回の閲覧が目安です。基本的なインターネット検索やテキストメッセージ中心のやりとりなど、必要最低限の利用をする場合に向いています。

1日1GBまでのデータが利用できる「1GBプラン」は、スマホ以外にもパソコンやタブレットなど、複数の端末でインターネットを利用したい方におすすめです。

無制限でデータ通信が可能な「無制限プラン」は、通信量の上限を気にせず使えます。そのため、YouTubeなどの動画閲覧やビデオ通話などを利用したい方や、グループでの利用におすすめです。

マレーシア現地でのルーター受取可否

WiFiBOXは、マレーシア現地でのルーター受取ができません。マレーシアで利用するためには、必ず日本国内でルーターを受け取ってから出国する必要があります。

2022年12月現在は、以下の場所で受け取ることが可能です。

  • 成田空港第1ターミナル4階(出発ロビー モバイルセンター 南出発サテライト)
  • 成田空港第1ターミナル1階(到着ロビー テレコムスクエアカウンター)
  • 成田空港第2ターミナル3階(出発ロビー テレコムスクエアカウンター)
  • 成田空港第2ターミナル3階(到着ロビー テレコムスクエアカウンター)
  • 羽田空港第3ターミナル3階(出発ロビー モバイルセンター)
  • 羽田空港第3ターミナル2階(到着ロビー モバイルセンター)
  • 関西空港第1ターミナル4階(出発ロビー 関西エアポートバゲージサービス)
  • 関西空港第1ターミナル4階(出発ロビー E・Fカウンター側)
  • 関西空港第1ターミナル1階(北口到着ロビー)
  • 関西空港第2ターミナル1階(国際線チェックインの海外旅行保険自動引受機の横)
  • 中部国際空港(中部国際空港アクセスプラザ)
  • 福岡空港国際線旅客ターミナルビル(テレコムスクエアカウンター)
  • JR東京駅(NewDays 八重洲中央改札内)

事前にネットで申込をしておけば、貸出機からルーターを引き抜くだけで簡単に持ち出しが可能です。帰国時も空港ですぐに返却でき、対面で受渡をする手間や時間もかかりません。

マレーシアでWiFiBOXを利用された方の声

実際にマレーシアでWiFiBOXを利用された方の声を、一部ご紹介します。参考にしてください。

男性 50~59歳
受取と返却が非常に楽でした。

男性 40~49歳
手続きが簡単で便利でした。

女性 40~49歳
荷物も少なくリーズナブルな点がよかったです。

男性 70~79歳
受取・返却が簡単なことと、持ち運びも便利でした。

女性 50~59歳
受取が簡単で、非常に満足しています。

マレーシアへの旅行・出張の際は、手軽に格安料金でレンタルできるWiFiBOXを検討してみてはいかがでしょうか。

WiFiBOXの利用の流れ

WiFiBOXの利用の流れ

WiFiBOXの利用は、予約から返却まですべてのステップが非接触で完結します。予約はレンタル当日でも可能で、営業時間内であればいつでも受取が可能です。返却は近くの設置場所にある自動ボックスのスロットに差し込むだけで完了します。

ここでは、WiFiBOXをレンタルするときの一連の流れをみていきましょう。

利用・設定の流れ

WiFiBOXの予約はWebサイトで行い、最短2分で完了します。まずは渡航先を選び、次に利用期間と商品プランを選択してください。

カートに追加して「ご購入手続きへ」をタップするとログイン画面が表示されるため、新規会員登録を行います。アカウントがある場合はログインをしましょう。その後、支払い手続きを済ませれば予約完了です。支払い方法は、クレジットカード・デビットカードから選べます。

Wi-Fiルーターの受取・返却場所

従来の海外向けWi-Fiルーターは空港のカウンタースタッフによる手渡し、もしくは宅配で受け取る仕組みでしたが、WiFiBOXでは所定の「BOX」からルーターを引き抜くだけです。対面でのやり取りは一切ありません。

ルーターの受取はWiFiBOXの専用貸出機で、現在は成田空港・ 羽田空港・ 関西空港・中部国際空港・福岡空港・東京駅に設置されています。設置場所は今後、全国主要空港を中心に展開していく予定です。

貸出機での受取はスマホでQRコードを読み取って「受け取る」ボタンをタップし、スロットからWi-Fiルーターを引き抜くだけです。帰国後は、近くにある貸出機のスロットに差し込んで返却が完了します。

レンタルするのはWi-Fiルーター本体のみで付属品がなく、旅行中にかさばらない点もメリットです。日本で販売中のスマートフォンであれば相当古い機種でない限り、対応しています。

※ 「QRコード」はデンソーウェーブ社の登録商標です

Wi-Fi+モバイルバッテリー機能・スマホなどの充電に対応した3つのケーブル内蔵・Wi-Fiは5台まで同時接続可能・取り出して利用するだけ 手軽にレンタル Wi-Fi+モバイルバッテリー機能・スマホなどの充電に対応した3つのケーブル内蔵・Wi-Fiは5台まで同時接続可能・取り出して利用するだけ 手軽にレンタル

マレーシアの現地SIM事情

マレーシアの現地SIM事情

マレーシアへ旅行や出張をする際のインターネット接続方法の1つには、現地のプリペイドSIMカードを買う方法があります。プリペイドSIMカードは空港やショッピングモールなどで購入可能です。

マレーシアでは、主に以下の4社がSIMカードを提供しています。

  • Maxis Berhad (Maxis)
  • Digi Telecommunications Sdn Bhd(Digi)
  • Celcom Axiata Berhad(Celcom)
  • U Mobile Sdn Bhd(U Mobile)

マレーシア最大手通信会社の「Maxis Berhad」は「HOTLINK」というブランドのプリペイドSIMサービスを提供しています。HOTLINKのプランの一例としては「Pantas Plan」があり、RM25(約768円)で15GBのインターネット通信と電話機能を30日利用可能です。

なお、上記料金は2022年11月時点での為替レートを元に計算したものであり、プランの詳細や料金体系も時期によって変わる場合があります。

マレーシアでプリペイドSIMカードを買って利用するには、SIMフリーのスマホを用意するか、日本にいる間にスマホのSIMロック解除をしておく必要があります。現地でプリペイドSIMを利用する予定がある場合は、現在使用しているスマホにSIMロックがかかっていないか事前に確認しておきましょう。

携帯電話会社のマレーシアでの対応状況

携帯電話会社のマレーシアでの対応状況

ドコモ・au・ソフトバンクの国内大手3キャリアであれば、海外用のプランを契約することによってマレーシアでもインターネット通信が利用できます。普段から日本国内でドコモ・au・ソフトバンクの回線を使用している場合は、使い慣れているキャリアで安心して使えることがメリットです。

それぞれのキャリアごとに提供しているプランや価格が異なるため、必要に応じてチェックしてみましょう。

マレーシアのインターネット・Wi-Fi事情のまとめ

マレーシアのインターネット・Wi-Fi事情のまとめ

マレーシアでは無料Wi-Fiが空港や駅、ホテル、カフェなどで利用できます。ただし、マレーシアに限らず無料Wi-Fiにはセキュリティ面での不安も否めません。

現地のSIMカードを購入するには、多くのSIMカードの中から適切なカードを選択する必要があります。場合によっては、購入後のAPN設定なども必要です。そのため、初心者の方には難しいかもしれません。

セキュリティの安全性や手続きの簡便性などを考えると、レンタルWi-Fiサービスの利用をおすすめします。WiFiBOXは、リーズナブルな価格で簡単に利用でき、申込・受取・返却が手軽なレンタルWi-Fiサービスです。

面倒な手続きが不要で、非対面で完結できます。マレーシアへの出張や旅行の予定がある場合は、ぜひチェックしてみてください。

予約・受け取り・返却が驚くほど簡単・出発前のカウンターに並ぶ必要はありません。 予約・受け取り・返却が驚くほど簡単・出発前のカウンターに並ぶ必要はありません。

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

海外渡航情報リンク

国・地域情報
出典:外務省ホームページ

在外公館が未設置の国・地域では、在外公館によるパスポートの発給や災害時の支援等に一定の制約があります。大洋州、カリブ海地域には、島嶼国以外にも、英国、フランス、オランダ等の海外領土が数多くあり、その多くが日本国の在外公館未設置です。渡航の際には、下記「日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意」をご確認ください。

在外公館ホームページ一覧
出典:外務省ホームページ

日本国の在外公館(大使館・総領事館)未設置の国・地域に渡航する際の注意
出典:外務省海外安全ホームページ

マレーシア関連記事

海外の国・地域の記事

ヤラ

最新記事