知らないと損!海外旅行から帰国後までeSIMをお得に使う裏技編

知らないと損!海外旅行から帰国後までeSIMをお得に使う裏技編

「eSIMって、SIMやWiFiの代わりになるらしいけれど、実際はどう使っていいのかわからない...」
というお声に応えるべく始まった「eSIMの便利な使い方」シリーズ。
今回は第三弾です。
どんな使い方ができるのか、秀さんの例から学んでいきましょう。

秀さんの場合

秀さんは今回が初めての海外旅行。

5日間のヨーロッパ旅行なので、行きたい場所・食べたい物について、いつでも調べたい。
しかし歩き回ることを考えると、荷物は最低限にしたい。
そこで少し高額でしたが、どれくらいの通信量を使うのかわからなかったので、5GB分のSIMカードを購入しました。

旅行を終え、使用データ量を確認すると、合計で2.5GBしか使っていなかったことが判明。
残りの2.5GBがもったいないな。もしこれが日本でも引き続き使えたら...

旅行を楽しむには欠かせない、安定した通信環境。
意気込んで大容量のSIMカードを購入・WiFiをレンタルして最終日に「意外と使わなかったなぁ。」と思った経験、ありませんか?
秀さんの困っているポイントは、3つです。

  1. 日本にいる時と同じように、自分のスマートフォンで調べものをしたい
  2. WiFiレンタルのように荷物を増やしたくない
  3. 旅行後余った通信量を有効活用したい

その他にも、旅行中には

  • SIMカードを現地で購入するのは不安
  • SIMカードを入れ替えた時に、元のカードを無くさないよう注意が必要
  • WiFiの充電が切れてしまい、使いたい時に使えない

といった心配の種が尽きません。

このように、
SIMカードには旅行先で購入する壁の高さ入れ替え作業の手間
モバイルWiFiには充電の必要性持ち運びの不便さ
といったデメリットがあるのです。

しかし、そんなデメリットをすべてカバーできるサービスがあります。
それが、eSIM販売サイト「eSIM Mart」です。

eSIM Martは、世界各国のeSIMを扱っており、また、プランも様々あります。単国プランや周遊プラン、幅広いデータ容量の展開など、商品は多岐に渡ります。もちろん、日本でも海外でも使えるeSIM商品もあります。

Smart Traveller eSIM」なら、日本を含め26カ国で利用可能です。
そのため、帰国後も海外旅行で使わなかったデータ分を、そのまま日本で使うことができます

また、SIMカードの差し替えが必要ないため、元のSIMカードの保管SIMピンの準備も必要ありません。

さらに、Wi-Fiレンタルとは異なり、eSIMはスマートフォンに内蔵されているため、別途充電や持ち運びがいりません

ぜひ、海外で使ったデータの残りを日本でも使いたい!という方は、eSIM Martの「Smart Traveller eSIM」のご利用をご検討ください。

また、ここまで読んで自分に最適な通信プランを知りたい方はこちらの記事も是非チェックしてみてください。

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

「eSIMの便利な使い方」シリーズ関連記事

海外の国・地域の記事

ヤラ

最新記事