難波駅でWi-Fiは使える?おすすめのWi-Fiレンタルも紹介

難波駅でWi-Fiは使える?おすすめのWi-Fiレンタルも紹介

「難波駅でWi-Fiは使える?」と気になっている方へ、難波駅構内や周辺カフェにおけるフリーWi-Fiスポットをはじめ、JR西日本が提供するフリーWi-Fi「JR-WEST FREE Wi-Fi」の接続手順などを解説。また、安全かつ快適にインターネットを利用したい方におすすめのWi-Fiレンタル「WiFiBOX」についてもあわせてご紹介します。

難波駅でWi-Fiが使える場所

JR難波駅構内では、さまざまな場所にフリーWi-Fiが整備されています。フリーWi-Fiとは無料でインターネットに接続可能な無線LANサービスのことで、メールアドレスの入力といった簡単な利用登録によって誰でも手軽に利用できます。たとえばJR西日本が提供するフリーWi-Fiの「JR-WEST FREE Wi-Fi」は、JR難波駅の改札付近で利用可能です。

また、難波駅の周辺にはソフトバンクの「ソフトバンク Wi-Fiスポット」、ワイヤ・アンド・ワイヤレスの「Wi2 300」、KDDIの「au Wi-Fi SPOT」が設置されております。それぞれの主なWi-Fiスポットは以下の通りです。

ソフトバンク Wi-Fiスポット

  • スターバックスコーヒー JR難波駅前店
  • マクドナルドJR難波駅前店(B1F)
  • 鳥貴族 道頓堀店
  • エクセルシオールカフェ 心斎橋店京都駅(京都市営地下鉄) など

その他のソフトバンク Wi-Fiスポットや詳細は、下記をご覧ください。

▼ソフトバンクWi-Fiスポット
https://www.softbank.jp/mobile/network/wifispot/search/

Wi2 300

  • auショップ_なんば御堂筋
  • CoCo壱番屋_難波千日前店
  • SEGA_難波アビオン店
  • カプリチョーザ_なんばCITY店
  • コメダ珈琲店_なんばCITY店 など

その他、Wi2 300の詳細な設置場所については下記をご覧ください。

▼ご利用可能エリア詳細|Wi2 300
https://300.wi2.co.jp/area/2/?postKey=731c9484c53aee6c925a726e0b3c62ab

au Wi-Fi SPOT

  • 近畿日本鉄道大阪難波駅 など

その他の場所や詳細については、下記をご覧ください。

▼利用可能なエリア | au Wi-Fi SPOT
https://300.wi2.co.jp/area/2/au_area/

難波駅でWi-Fiが使えるカフェ

難波駅近辺でフリーWi-Fiを利用したい場合は、Wi-Fiが整備されているカフェを探すのもよいでしょう。ここでは、難波駅周辺にあるカフェのなかから、フリーWi-Fiを利用できる便利なカフェを3件ピックアップしました。

プロント なんばスカイオ店

「プロント なんばスカイオ店」は、南海なんば駅から直結の商業施設「なんばスカイオ」の2階にあるカフェです。広々とした店内には座席が82席設けられており、店内の全域でプロント独自のフリーWi-Fi「PRONTO FREE Wi-Fi(SSID:PRONT_Free_Wi-Fi)」を利用できます。

利用時にはメールアドレスを登録する必要がありますが、1度登録すれば3ヶ月間は再登録の必要がありません(※1)。ログインすると120分間利用でき、120分を超えて利用したい場合は再度ログインをすれば再びアクセス可能です。
(※1)同じ端末での利用に限る

店内には電源が完備された席もいくつかあり、パソコン作業や充電などを行いたい場合に重宝します。多彩なドリンクメニューはもちろん、パスタやケーキ、モーニングセット、バーフード(おつまみ系)といったフードメニューも充実しているカフェなので、朝食やランチ、ディナーなどの食事を兼ねて利用するのもおすすめです。

営業時間:
(平日・土)カフェ7:30~17:00/サカバ17:00~23:00
(日祝)カフェ7:30~17:00/サカバ17:00~22:00
公式サイト:https://www.pronto.co.jp/shop/detail?shopid=PR00002126

タリーズコーヒーPAUSEなんばパークス店

「タリーズコーヒーPAUSEなんばパークス店」は、南海なんば駅から直結の商業施設「なんばパークス」の5階にあるカフェです。店内全域にタリーズコーヒー独自のフリーWi-Fi「Tully's Wi-Fi(SSID:tullys_Wi-Fi)」が整備されており、メールアドレスの登録不要で手軽にアクセスできます。

店内には電源も数十ヶ所設けられているため、パソコンの使用や充電などで電源を利用したい方にもおすすめのスポットです。時間帯で豆の種類が変わる「本日のコーヒー」のほか、タリーズオリジナルのはちみつを使用した「ハニーミルクラテ」、ヘルシー志向の方に人気の「ヨーグルト&アサイー」といったドリンクメニューがバリエーション豊富に揃っており、ほっと心和むくつろぎのひとときを過ごせます。

営業時間:11:00~21:00
公式サイト:https://shop.tullys.co.jp/detail/1000897

スターバックス なんばCITY店

「スターバックス なんばCITY店」は、南海なんば駅から直結の商業施設「なんばCITY」の2階にあるカフェです。ここではスターバックスオリジナルのフリーWi-Fi(SSID:at_STARBACKS_Wi2)をはじめ、ドコモやソフトバンク、 FLET'S(西)、Wi2 300のフリーWi-Fiも整備されています。

スターバックスオリジナルのフリーWi-Fiには、利用規約への同意のみでアクセス可能です。1度のログインで連続して利用できる時間は1時間ですが、再度ログインすれば回数無制限で利用できます。

なお、スターバックスでは本格的なコーヒーやエスプレッソ、フラペチーノなどのドリンクが人気のほか、サンドイッチやクッキー、ケーキなどのフードメニューも売れ筋です。休日は混雑しやすいですが、平日は比較的席を確保しやすいでしょう。

営業時間:(平日)10:00~22:00 (土日祝)9:00~22:00
公式サイト:https://store.starbucks.co.jp/detail-1018/

難波駅のフリーWi-Fi「JR-WEST FREE Wi-Fi」に接続する方法

JR難波駅では、先述のようにJR西日本が提供するフリーWi-Fiの「JR-WEST FREE Wi-Fi」を利用できます。ここでは、「JR-WEST FREE Wi-Fi」の特徴と接続手順についてチェックしていきましょう。

「JR-WEST FREE Wi-Fi」とは

「JR-WEST FREE Wi-Fi」は、JR西日本が提供する訪日外国人のお客様を対象とした無料の公衆無線LANサービスです。

アクセスポイントはJR西日本の主要駅や商業施設などに設けられており、JR難波駅の改札付近でも利用できます。アクセスポイントの詳細は以下をご確認ください。

▼JR-WEST FREE Wi-Fi
https://www.westjr.co.jp/global/en/wifi/hotspots.html

利用したい場合は「JR-WEST FREE Wi-Fi」と記載された白×青色のステッカー付近で利用登録を行い、接続を試みましょう。1度の登録で約8日間の利用が可能で、期限が切れても再度登録を行えば再びアクセスできます。

ただし、「JR-WEST FREE Wi-Fi」を利用して送受信されたデータは暗号化されていないことから、セキュリティ上のリスクがある点に注意が必要です。不正アクセスによって大切な個人情報が漏えいする恐れがあるため、Passwordやクレジットカード情報の入力が必要なサイトへのアクセスは避けるほうがよいでしょう。

また、フィッシング詐欺を目的とした「なりすましフリーWi-Fi」にも要注意。SSIDの「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を1文字ずつしっかりと確認し、似ているSSIDに誤ってアクセスしないようにしましょう。

「JR-WEST FREE Wi-Fi」の接続手順

「JR-WEST FREE Wi-Fi」の接続手順は以下の通りです。

  1. スマートフォンやタブレットなどの「設定」画面から「Wi-Fi」を選択します
  2. 利用可能なWi-FiのSSIDが自動で表示されるため、JR-WEST FREE Wi-FiのSSIDである「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択します
  3. 「接続」を選択して利用規約を確認し、下のほうにある「Facebookでログイン」「Twitterでログイン」「Googleでログイン」「メールでログイン」の4つの選択肢の中から好みの方法でログインします
  4. 利用手続き完了となり、「JR-WEST FREE Wi-Fi」を用いてインターネットに接続できます

難波駅について

ここから先は、難波駅の特徴やマップなどの基本情報をご紹介します。

難波駅の特徴

難波駅は、大阪屈指のターミナル駅です。「なんばCITY」や「高島屋」といった商業施設、道頓堀や心斎橋などの繁華街、さらには漫才・落語・吉本新喜劇の公演を楽しめる「なんばグランド花月」からほど近いロケーションにあり、大阪観光の拠点として連日多くの人であふれています。

なお、一口に「難波駅」といっても大きく分けて4つの駅があるため、目的地によって路線を使い分ける必要があります。各難波駅の名称と特徴は以下をご確認ください。

  • JR難波駅
    「JR難波駅」はJR西日本関西本線の駅で、複合施設の「「OCAT(オーキャット)」の地下1階に位置します。路線は「法隆寺駅」や「奈良駅」方面に延びており、たとえば「法隆寺駅」へは大和路線の快速で約35分、「奈良駅」へは大和路線の快速で約45分です。

    改札口は1ヶ所のみで、OCATの2階には高速バスターミナルがあります。全国各地への高速バスが発着しているほか、関西国際空港や大阪国際空港行きのリムジンバスも運行しており、空港へのアクセスも便利です。
  • 南海なんば駅
    「南海なんば駅」は南海電気鉄道の駅で、巨大な駅ビルの中にあります。正式名称は漢字の「難波駅」ですが、駅やホームページの表記はひらがなの「なんば駅」です。

    南海本線と高野線の2つの路線が乗り入れており、関西国際空港まで乗り換えなしでアクセスできる特急列車「ラピート」も運行しています。なお、3ヶ所ある改札口は商業施設の「高島屋」や「なんばCITY」、「なんばパークス」に直結しているため、地上へ出なくてもショッピングやグルメを楽しめます。
  • Osaka Metroなんば駅
    「Osaka Metroなんば駅」は地下鉄のOsaka Metroの駅で、地下に位置します。御堂筋線・四ツ橋線・千日前線の3つの路線が乗り入れており、各路線同士は改札を出ることなく乗り換え可能です。

    御堂筋線・四ツ橋線・千日前線の主要アクセスについては以下をご確認ください。
    御堂筋線 梅田駅や新大阪駅、動物園前駅など
    四ツ橋線 西梅田駅や四ツ橋駅、大国町など
    千日前線 日本橋や鶴橋、桜川など
    こちらも正式名称は漢字の「難波駅」ですが、駅やホームページにおいてはひらがなの「なんば駅」で表記されています。
  • 大阪難波駅
    「大阪難波駅」は阪神電気鉄道・近畿日本鉄道の駅で、近鉄線と阪神線の2つの路線が乗り入れています。近鉄線は奈良方面に延びており、「近鉄奈良駅」までは快速急行にて40分ほどでアクセス可能です。

    一方、阪神線はユニバーサル・スタジオ・ジャパンの最寄り駅である「ユニバーサルシティ駅」や神戸の中心街に位置する「神戸三宮駅」を経由しており、「ユニバーサルシティ駅」までは約25分、「神戸三宮駅」までは快速急行にて約45分でアクセス可能です。なお、駅構内にはスイーツやお弁当、お土産品のショップが集結した「Time's Place難波」があり、駅を利用するついでにショッピングやグルメも楽しめます。

難波駅マップ

JR難波駅・南海なんば駅・Osaka Metroなんば駅・大阪難波駅は地下道でつながっているため、駅間の移動時は地上に出ずに地下からのアクセスがおすすめです。ただし、JR難波駅は少し離れた場所にあり、ほかの駅へは徒歩10~15分ほどかかるため注意しましょう。

難波駅でWi-Fiを使うならWiFiBOXがおすすめ

難波駅の構内や周辺のカフェ、商業施設にはたくさんのフリーWi-Fiスポットがあります。しかし、外でインターネットを利用したいときはWi-Fiの電波を拾いにくく、不便さを感じるタイミングもあると思われます。
また仕事での連絡や、個人情報を連絡する際などにインターネットを使うとなると、フリーWi-Fiでは情報漏えいが不安という方もいるでしょう。

業務連絡やSNSに、インターネットをフル活用したい! という方は、モバイル回線を利用したWi-Fiルーターをレンタルして使うこともおすすめです。 ここでは、難波駅で便利に活用できるWi-Fiレンタルサービス「WiFiBOX」のおすすめポイントや、利用までの流れをご紹介します。

WiFiBOXの利用の流れ

WiFiBOXをレンタルするには、まず申込(予約)を済ませておいて、貸出機でルーターを受け取る必要があります。ここでは、WiFiBOXを利用するための一連の流れをご紹介します。

利用・設定の流れ

WiFiBOXを利用する際の手順は、以下のようになっています。

1.Web上からレンタルを予約する

WiFiBOXの公式サイト(https://wifibox.telecomsquare.co.jp/)から、ご希望の目的地(日本国内で使う場合は「日本」を選ぶ)と日程、プランを選択して予約を行います。訪問当日の予約もOKです。

2.WiFiBOX貸出機でQRコード(※)を読み取り

予約後に届いたメール画面を開いて、WiFiBOX貸出機に行きます。貸出機の画面の指示にしたがい、表示されたQRコードをメール画面で読み取ってください。「受け取る」ボタンが表示されたら、それをタップします。
(※『QRコード』は株式会社デンソーウェーブの登録商標です)

3.ルーターを受け取ってレンタル利用開始

貸出機下部のスロットから、貸し出されるルーターを引き抜いて受け取ります。

4.Wi-Fiの接続設定をする

ルーターの電源スイッチを3秒以上長押しし、電源をオンにします。接続可能になるまで、そのまま1分ほどお待ちください。ルーター表面上部の白ランプ3つがすべて点灯すれば、接続可能です。
その後、スマートフォンなどのWi-Fi設定画面で、ルーター裏面に記載されたSSIDが接続可能となっていることをお確かめください。ルーター裏面にはパスワードも記載されているため、それを入力して接続を完了させましょう。

5.WiFiBOX利用時の注意点

スマートフォンやタブレットなど、SIM内蔵の端末でWiFiBOXに接続する際には、データローミング機能を必ずOFFにしておきましょう。ONのままにしておくと自動でモバイルデータ通信に接続されてしまうため、パケット通信料がかかってしまうかもしれません。
WiFiBOXにうまく接続できない場合は、ルーターの電源ボタンを15秒長押しし、再起動してから接続してみてください。

事前受取の可否

WiFiBOXは、申込み時に指定した「受取日」の前日(日本時間)からルーターを受け取ることができます。前日に受け取ったとしても、追加料金は一切発生いたしません。当日慌ててWi-Fiを受け取ることなく、スケジュールに合わせて、より柔軟に利用することが可能です。なお、通信は申込時に指定した「受取日」(日本時間)にならないと使用できないため、ご注意ください。

レンタルサービスの課金対象期間

※お申し込み時にご指定いただいた「受取日」(日本時間)から通信が可能となります。機器の取り出しは、「受取日」の前日(日本時間)から可能となります。

事前受取の活用方法例

  • 出張前日にオフィスの最寄り駅で受取
  • 通勤・通学経路の途中駅で受取
  • 旅行前日に訪れた商業施設で受取

申し込みから受取までの流れについて詳しく知りたい方はこちら

Wi-Fiルーターの受取・返却場所

WiFiBOXルーターの受取と返却が行える場所についても見て行きましょう。以下日本国内の主要空港や駅チカ・街ナカなどに、WiFiBOXが設置されています。中には、有人カウンターやモバイルセンターに設置されている場合もあります。難波駅付近でも、WiFiBOXの受取・返却は可能です。

≪関西エリア≫
大阪駅、なんばウォーク、JTB大阪なんば店、関西空港、伊丹空港、京都駅、三宮駅など

≪北海道エリア≫
旭川空港、新千歳空港、函館空港、札幌駅、京王プラザホテル札幌など

≪東北エリア≫
いわて花巻空港、庄内空港、山形空港、福島空港、アティ郡山

≪北陸エリア≫
新潟空港、富山空港、アパホテル(金沢中央)

≪関東エリア≫
成田空港、羽田空港、東京駅、品川駅、新宿駅、京成成田駅、ラゾーナ川崎など

≪中部エリア≫
信州まつもと空港、静岡駅、中部国際空港、JTB名古屋ユニモール店

≪中国・四国エリア≫
米子鬼太郎空港、岡山桃太郎空港、岩国空港、松山空港、高松空港など

≪九州・沖縄エリア≫
福岡空港、博多駅、大分駅、大分空港、那覇空港など

※2024年3月時点の情報です。その他詳しい設置箇所や、最新の情報は公式サイトにてご確認ください。現在もWiFiBOX設置箇所は順次拡大中です。

難波駅でWiFiBOXをおすすめするポイント

たくさんの観光スポットや飲食店が立ち並ぶ難波周辺。映える風景や楽しく過ごすひとときの写真を、SNSで共有しながら楽しみたいという方も多いはず。そんなときほど、「スマホの充電切れが心配!」「すぐに写真を送りたいのにWi-Fiの回線につながらない......」など、インターネット関連の困りごとが起こってしまうこともありえます。
でも、そんなときこそ役立てたいのが、屋内外問わず快適なインターネット接続を実現できるWiFiBOXです。

WiFiBOXは屋内の固定回線ではなく、モバイル回線を利用してWi-Fiに接続できるポケットWi-Fi。外出先でもパケット通信料を気にすることなく、快適にWi-Fiへ接続することができます。

WiFiBOXなら「モバイルバッテリー」としても使える!

注目したいのは、WiFiBOXは「モバイルバッテリー」としても利用できる点。外出先でスマートフォンの充電をしたいとき、充電レンタルやカフェの電源を慌てて探さなくても、ポケットから取り出してすぐに充電できます。他のサービスでは選べないこの機能も、WiFiBOXならではの強みです。

難波駅のインターネット・Wi-Fi事情のまとめ

難波駅にはフリーWi-Fiのアクセスポイントが数多く点在しており、簡単な利用手続きによって無料でWi-Fiを利用できます。ただし、フリーWi-Fiにはセキュリティ対策がされていないため、「安全にインターネットを利用したい」とお考えの方はWi-FiレンタルのWiFiBOXを利用するとよいでしょう。

WiFiBOXなら、ルーターを携帯するだけでいつでもどこでもインターネットに接続できるほか、モバイルバッテリーとしても活用可能です。無人貸出機で手軽に受取・返却できる大変便利なサービスなので、ぜひチェックしてみてください。

WiFiBOXのレンタルはこちらwifibox

Telecom Times編集部

監修:Telecom Times編集部

2000年、成田空港の一角で携帯電話レンタルサービスを業界で初めて提供して以降、Wi-Fiレンタルをはじめとした旅行モバイル通信サービスの老舗として、旅と通信に関する知識と経験を培ってまいりました。「旅本来の楽しさに集中できる環境をつくる」をミッションに、世界の旅人の知りたい・役に立つ情報をお届けいたします。
株式会社テレコムスクエア

この記事をシェアする

日本の地域の記事

最新記事